エクセル中級者にも分かりやすいセルの呼び方、ワークシートについてならエクセルのある生活

Google
 
  1. エクセルのある生活/
  2. エクセル中級

中級1.セルの呼び方、ワークシートについて

エクセル中級編の最初では、関数やグラフの作成を学ぶために必要なセルの呼び方ワークシートについて解説をしていきます。

1.セルの呼び方について

セルの位置と名前

エクセルでは横の並びを行縦の並びを列といいます。 また、それぞれの四角のマス目をセルと呼びます。セルにはそれぞれ名前がついています。 [列の名前]+[行の名前]という表記をします。例えば、上の画像では列が「B」、行が「4」なので「B4」となります。

現在選ばれているセルの名前は、数式バー左端の名前ボックスに表示されます。画面右上の名前ボックスに「B4」と表示されていることを確認してください。

名前ボックスの表示方法

名前ボックスが見あたらない場合は、次の作業を行って表示させてください。

数式バーの表示方法

メニューバーの「表示」→「数式バー」を選択することで「数式バー」を表示させることができます。

2.ワークシートについて

セルと同様にエクセルの重要な機能に、ワークシートがあります。ここでは、そのワークシートについて説明をしていきます。

エクセルでは1つのファイルに複数のシート(紙)をまとめて保存することができます。複数の紙をホッチキスで閉じて保存するようなイメージです。これを利用すれば、あるシートにはデータを入力し、別のシートにグラフを保存しておくといったことが可能です。エクセルを効率よく利用するために役立つ機能です。

エクセル、ワークシートのイメージ図

紙の場合は手でページをめくることができます。しかし、コンピュータの場合には、手でめくることはできません。そこでシートの切り替え方法を学んでいきましょう。

シートの切り替え方法

  1. 下図を参照して、画面の左下にある「シート見出し」を探してください。初期設定では「Sheet1、Sheet2、Sheet3」3つのシートあり、「Sheet1」が選択されています。エクセルでシート1を選んだ状態
  2. 表示したいシート名をマウスでクリックしてください。そうするとシートを切り替えることができます。切り替わった状態が下図です。エクセルでシート2を選んだ状態

以上でセルの呼び方ワークシートの見方について解説をした中級レッスン1を終了します。次のレッスンからは、ワークシート名の利用方法について解説をしていきます。

次のページ中級2.ワークシート名の変更方法

ブックマークに追加する

ページの上に戻る

のある生活:本のある生活音楽のある生活