エクセル初心者にも分かりやすい数式の入力方法ならエクセルのある生活

Google
 
  1. エクセルのある生活/
  2. エクセル入門

入門6.数式の入力方法

このレッスンでは、エクセルにおける数式入力の方法を説明します。簡単な四則計算を行い、エクセルの数式入力に慣れましょう。

エクセルでは半角英数(日本語入力オフ)で式を入力した方が簡単です。そこで入力方法を説明する前に、日本語入力のオン・オフについて説明をします。方法を知っている方は、この部分を読み飛ばし、四則計算の説明部分に進んでください。

日本語入力の切り替え

ウィンドウズでの日本語入力切り替え

IME、日本語入力オン・オフ画面

ウィンドウズでの日本語入力の切り替えは、キーボードの左上「半角/全角」ボタンを押すことで可能です。

パソコンの画面の右下には、左図のようなタスクバーがあります。上のように「あ」と表示されれば日本語入力がオン、下のように「A」となれば日本語入力オフになります。「半角/全角」を押して日本語入力をオフにしてください。

マックでの日本語入力切り替え

ことえり日本語入力オン・オフ画面

マックでの日本語入力切り替えは、キーボードの「英数」と「カナ かな」のボタンを利用します。キーボードの「スペースキー」の左右にこれらのボタンがあります。

「英数」押せば日本語入力をオフに、「カナ かな」を押せば日本語入力をオンになります。パソコンの画面の右上をご覧下さい。日本語入力がオンであれば左図の上のように「あ」と表示されます。日本語入力がオフであれば左図の下のように「A」と表示されます。ボタンを押しながら日本語入力をオフにして下さい。

四則計算をしてみよう

日本語入力をオフにする方法が分かりましたので、エクセルで四則計算を行ってみましょう。例として、エクセルで25×(4+6)ー100÷2を計算してみます。

エクセル、セルの決定画面

エクセルで計算式を入力する場合には、まず最初に入力したいセルを選びます。そして「=」を入力します。

「Shift」を押しながら、キーボード右上の「ほ」と書かれたボタンを押せば、「=」と入力できます。

エクセル、かけ算入力画面

次に「25×(4+6)」まで入力しましょう。エクセルでかけ算は「×」でなく、「*」と入力しなければなりません。「Shift」を押しながら、キーボード左側の「け」と書かれたボタンを押せば、「*」と入力できます。

同様にして「(」は、「Shift」を押しながら、キーボード上部の「8」を押すと入力できます。また、「)」は、「Shift」を押しながら、「9」を押すと入力できます。

エクセル、割り算入力画面

残りの「ー100÷2」を入力してみましょう。先ほど「=」の入力で押したボタンを、「Shift」を押さずに押せば「ー」が入力できます。

エクセルで割り算は「÷」でなく、「/」と入力しなければなりません。キーボード右下の「め」と書かれたボタンを押せば、「/」と入力できます。

エクセル、計算結果表示

すべての式が打ち終われば、「Enter」を押してください。そうすると、式を入力したセルに答えが出ます。正しく入力できていれば、「200」となるはずです。

今回の計算では使いませんでしたが、2の3乗は、2^3と打ち込みます。「^」は、キーボードの「へ」のボタンを押すと入力できます。この計算方法も覚えておきましょう。

このレッスンでは、エクセルにおける数式の入力方法を説明しました。次のレッスン7では、エクセルに入力したデータの書き換え、修正の方法を解説します。

次のページ入門7.入力データの書き換え、消去

ページの上に戻る

のある生活:本のある生活音楽のある生活